ウーマン

デリケートゾーンの悩みを解決|臭いの原因を把握する

このエントリーをはてなブックマークに追加

病気の場合

レディー

汗をかいたときや、生理期間中にデリケートゾーンが臭うことがあります。そういったときにはデリケートゾーンを清潔に保つことで臭いを減らすことが可能です。しかし、特に強い異臭がする場合や、おりものの色や量がおかしい場合は、病気にかかっている危険性があります。菌の繁殖が原因で臭う場合とは違い、病気による臭いは清潔に保つだけでは治りません。異常がみられた場合は速やかに病院へ行きましょう。放置すると妊娠できなくなるというトラブルも引き起こしかねません。性病だけではなく、おりものに血が見られる場合は癌の危険性もあるので、病院でしっかりと診てもらいましょう。デリケートゾーンの病気には様々な種類があり、特徴も違います。カンジダ膣炎というものは、性行為をしていない人でもかかることがあります。免疫力の低下などによってカンジダ菌が増えることが発症の原因です。初期段階では免疫力の向上によって自然と治ることもあります。かゆみを伴い、おりものにも異常がみられ、生臭い臭いがします。淋病というものは、性行為による感染症です。放置すると他の病気にも繋がり、母子感染の危険もあるのでしっかりと治療しましょう。不快感や激しい痛みを伴い、おりものの色や臭いも強烈で、生臭いのが特徴です。薬による治療を行ないます。細菌性膣炎は性行為がなくても、デリケートゾーンに雑菌が繁殖することで発症するものです。軽度なら病院にいかなくても治り、洗浄や薬による治療を行ないます。排尿時にしみたり、おりものに異常がみられ、生臭い臭がします。